性病検査の方法は

女性の性病検査の方法は

女性の性病検査の方法は、症状に応じて変わります。

たとえばクラミジアの検査では、すぐに結果がわかる場合と、そうでない場合があります。

検査では、子宮の入り口の部分を大きな綿棒で拭い取り、膣分泌物によって性病かどうかが判断されます。

また、他には採血検査を用いる場合もあります。

このように、クラミジアだけで3つ以上の検査方法があり、どれを選択するかは検査料や緊急性によって変化します。

淋病の検査の場合には、子宮頸管に器具を入れ、膣内に触れないようにして検体を取り出します。

エイズは採血で判明するようになっており、陽性かどうかを判断します。

陽性だった場合には、再度確認を行うため、別の形で調査を行い、エイズかどうかを確定させます。

梅毒やヘルペスなども血液の成分から判断することになるなど、検査法の主流は採血となっています。

ただ、クラミジアのように直接検体をとらないとわからないものもあり、その場合は女性にとっては少し検査のハードルが高くなってしまいます。

男性の性病検査の方法は?

男性の性病検査の方法は、症状により異なります。

たとえば、クラミジアの場合は、採尿で判断します。

以前は、綿棒のようなものを尿道に入れて検体を採取する方法で行われていました。この方法は痛みを伴うので、嫌がる患者さんも多くいました。

現在では、採尿や、尿道の出口をガラスに当てて判断するやり方などが行われるようになりました。

クラミジアがノドにできるケースがありますが、この場合にはうがいが検査方法になります。

うがい液の状態を見て性病にかかったかどうかを判断するのです。

ガンジダやヘルペスの場合は、綿棒でこすって確認します。

いずれの検査も、30分程度で終わるものが大半です。

以前に比べて、男性の性病検査は、身体的にも心理的にも、負担がかなり軽減されています。

検査の恥ずかしさや負担という点では、女性よりも少ないといえるでしょう。

もしも、性病の可能性があるのであれば、検査を受けてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です