検査キットで性病検査を受ける場合のメリット・デメリット

検査キットで性病検査を受ける場合のメリット・デメリット

検査キットで性病を確認する場合のメリットは、匿名性があることと、時間の無駄がないことです。

通販で購入すれば、プライバシーに配慮した梱包になっているので、中身を他の人に知られることはありません。

したがって、誰にも知られずに確認することができるのです。

もし、家族など同居している人に知られたくないのであれば、商品を郵便局留めにすることもできます。

通販なので病院のように待ち時間もなく、その分の時間を有効に利用することが可能です。

デメリットは、病院より費用がかかる点です。

性病を検査キットで調べる場合、保険証が使えません。費用の相場は2000円から2500円程度かかります。

費用はサイトに明確に表示されているので、病院などと違って、いくらかかるかわからないというような問題は、発生しません。

その費用の中には送料が含まれている場合も多いです。

費用をかけないで調べたいのであれば、無料で調べることができる保健所を利用するのがよいでしょう。

検査キットの精度は病院と比べて低いの?

性病検査キットと病院の検査を比較してみると、精度や信頼性にほとんど違いはありません。

両者とも同じ方法で検査を行っているからです。

しかし、それだけで検査キットを選んでしまうと、失敗してしまう可能性があります。

検査キットで病院と同じ結果を出すには、精度の高いものを選ぶ必要があります。

そこで、検査キットは、登録衛生検査所が運営しているものを選びましょう。

登録衛生検査所は、法律によって定められた基準をクリアしています。

登録衛生検査所が運営しているメーカーを選べば、検査に関しての専門知識もあるので、信頼性も高いです。

また、検査にかかる日数も、検査を委託する病院やメーカーに比べて早く結果が出ます。匿名かつ早く結果を出してほしいという人も、登録衛生検査所が運営しているメーカーを選びましょう。

検査キットを使用するのであれば、登録衛生検査所が運営しているメーカーの検査キットを使用しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です